thoughts

21世紀的な働き方ができます!

ウェブデザイナー

佐賀 千怜CHISATO SAGA

デザイナー 2019年入社

Q&A先輩に聞いてみよう!

Q

普段どのような仕事をされていますか?

A

広告クリエイティブの制作が主です。最近はペーパーアイテムのデザインも行っています。

Q

1日の仕事の流れを教えてください。

A

10:00~出 勤 掃 除 → メールチェック → クリエイティブ広告等の作成 / 社内MTG etc… → 休 憩 → クリエイティブ広告等の作成 / 打ち合わせ etc…→ ~19:00 退 勤

Q

仕事に欠かせないルーティーンを教えてください。

A

仕事に煮詰まったら、関係ない話をしたり、会社で流しているBGMを変えたりしてリフレッシュするようにしています。 遊んでいるように見えて、思わぬところからポッとアイデアが出てきたりします!

就職活動をしている学生にメッセージをお願いします。

ワンクルーズでデザイナーをしています、佐賀です。  私が在学中、力を入れて良かったなと感じたことが2つあります。  1つは「ポートフォリオ」をしっかり作ることです。  わたしは完成したらすぐに学校の先生をはじめ、プロのデザイナー、家族、アルバイト先のメンバー、友達に見て、触ってもらいました。  そのとき「発想がいいね」「製本の仕方が雑」「印刷用紙はなに?」…と色んなコメントを頂いて  ポートフォリオは良くも悪くも自分の鏡だな、と気づきました。  中身のクオリティももちろん大切ですが、作り方が雑であったり手を抜いてしまっていると  「仕事も雑なのかな?」と思われます。反対に  ファイリングではなく、製本にしてみたり、WEBでも中身を少し工夫してみると  印象に残ります。頑張ってつくればその分だけ相手にも伝わります、本当に。    2つ目は「人に会う」です。  わたしは求人のあるなしや職種に関わらず、クリエイティブイベント、企業説明会、ワークショップに参加など  好きなもの、気になることは積極的に参加しました。 直接顔を合わせて話す、  ポートフォリオをみてもらう、一緒に好きなことを共有することによって  お互いの性格が見えてきます。    結果その繋がりが功を成し、現在に至りましたし、今でも「元気?」と  声をかけてもらったりします。  長くなりましたが、社会人は、1日の大半を仕事をして過ごすします。  自分が面白い!と思える会社に入れるように、面白いものを作って、どんどん  自分を知ってもらいましょう!頑張って下さい!  ワンクルーズデザインチームも面白いポートフォリオおまちしています!